転職活動前にしたこと・準備

転職
Advertisements

minoriです。

私は2018年1月から転職活動を始めましたが、そこまで何もしなかったわけではありません。

2017年の1年を心の準備期間と決めていました。

その時の準備したことをお話しします。

  1. 次の転職先で何がしたいかを考えておく
  2. 今の仕事の自分が誇れることを振り返っておく
  3. 家族と意思疏通をしておく
  4. とれる資格は取っておく

Advertisements

1.次の転職先で何がしたいかを考えておく

せっかく転職をするのです、今一度自分この先何をしたいのか考えてみましょう。

多くの人が(今転職を考えているとすれば)次が最後に、と考えているはずです。

主に以下の3つのパターンでしょうか。

  • 今と同じ仕事を別の会社で行う
  • 今の仕事が活かせる別の職種
  • 全く別のやりたい仕事にチャレンジする

私は「今の仕事が活かせる別の職種」を選びました。

これを選んでみて感じることは、

  • 採用面接の際にスペシャリストとして評価される(分かる人はわかる)
  • 転職活動期間が短くて済んだ
  • 処遇が良かった(転職後の職場では最年少となったが、階級は40~50代の方と同じ)
  • 給料が比較的下がらずにいれる(下がりはしました。。。)
  • 転職後もスペシャリストとして扱われる(多少のプレッシャーはあります)

2.今の仕事の自分が誇れることを振り返っておく

転職活動において、自分をアピールする軸を持つことは非常に重要です。

  • 職務経歴書、履歴書の内容に比較的悩まずに済みます
  • 面接での面接官の食いつきも◎です。
  • 面接で自信を持って話せます(この辺は雰囲気に現れます)
  • この軸が希望する会社に繋げられるよう考えることが重要です。

私の場合、大きなプロジェクトを2つガムシャラになってこなしていた時期がありました。

自分がやり切った、人に自慢できる!と思える仕事を頭の中で纏めておきましょう。

(これが出来ないと、転職活動に苦戦するかもしれません)


3.家族と意思疏通をしておく

いくらあなたが転職をしたくても、家族の反対を押し切って進めることはおススメしません。

  • 家族と現状に満足か否か
  • 給与は?
  • 残業時間は?休日出勤は?
  • 夫として父として今の生活のままでよいか?
  • 共働きに対する考えは?
  • 引越しは可能か?

家族とよく話し合い、お互い納得の上で転職活動を行いましょう。


4.とれる資格は取っておく

余裕があれば、公的資格をとることもおススメします。

自分への自信にも繋がります。

実際に面接では「資格もしっかり持っているね!」と好印象でコメントももらいました。

自分の転職に対する本気度も試せるかもしれません。

(不合格なら、それまでの覚悟と判断してもいいのかも)

 

ちなみに、私が1年間で取得したのは

「2級ボイラー技士」「第二種電気工事士」です。

正直、高校生で取れる資格です。。。

ということで、難易度が低く、確実に取得できるものをおススメします!


さいごに

転職で悩まれている方も、まずは以上の考えの整理、行動を起こすことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント